食あたり 下痢について

食あたりと下痢の原因

食あたりが原因になって下痢になることもありますが、そうした場合には原因となっている菌が存在しています。
食あたりをひきおこしやすい菌として特に代表的なものとして黄色ブドウ球菌があります。
この菌がつくことが多い食品としては人の手で直接触って作るようなものがあります。
なぜならば黄色ブドウ球菌は人間の皮膚についている細菌だからです。
この菌がついている食べ物を口にした場合には下痢などの原因となる場合もあります。
ですから衛生に気を配る場合には手を直接使って手作りのおにぎりやお寿司などを家庭で作るときには特に注意が必要になります。
不衛生な手でおにぎりやお寿司を握った場合には、黄色ブドウ球菌がついてしまう可能性があるからです。
それを避けるために良いのは、とにかくきれいに手を洗ってから作ることです。
薬用の石けんやアルコールなどを使って、できるだけ清潔な状態にしておくことで、菌がつくのを予防するのに役立ちます。

Copyright© 食あたり 下痢 All Rights Reserved.

食あたりと下痢の原因